2007-07-03

朝のニペ・夕のニペ

一日中好天が続いた昨日。三国峠から、早朝と夕暮れ時にそれぞれ素敵な景色を眺めることができました。

5時43分、朝のニペソツ。日の出の早いこの時期、さすがに太陽はだいぶ高くなっていますが、まだ朝の爽やかさを感じることができます。それにしてもなんていい天気。

19時21分、夕暮れのニペソツ。空一面に薄い雲がかかり、夕日を反射してきれいに桃色に染まりました。みるみる太陽が沈み行く時間帯。このあと5分もしないうちに夕焼けは消えてしまいます。

昨日はニペソツツアーの日。5時と19時に三国峠を通ったということは、つまりそれだけ歩行時間が長かったということです。ほぼ12時間におよぶニペ歩き。大変疲れましたが、そのおかげで素敵な景色が見られた・・・のかな?

3 件のコメント:

ササ さんのコメント...

朝の三国峠で思った事は、小さな耳の猫の頭のようなニペソツの、その山頂は果たして見えているのか?そしてそれはどこか?

でも、山に入ってからは植物に惹かれ、眺めに圧倒されて忘れていまいました。
さらに360度の眺めを堪能したはずの三角点では、なんと写真を撮り忘れていました。疲れてもいたらしい。

それで、自信はないけれど、山頂から国道は見えたので峠から山頂も見えるのでしょう。
そして、地図を読むとそれは向かって右の耳で、左の耳は前天狗の1880mのような気がします。

もう一度あの頂に立って、天気に恵まれて確認出来ることはあるかしら。ちょっと告白をしそこなったような気分です。

DOEI Takuma さんのコメント...

簡単ですが、検証記事をアップしました。
ササさん、お見事大正解ですね。
さすがです。

ササ さんのコメント...

うーん、半分正解というくらいでしょう。

左の耳は前天狗そのもので、1888mは真ん中の袋角ということになりますね。

それにしても恐るべしカシミール。いずれ使ってみようと思いますが・・・。
でも、すぐ分からずに考えて検討して(行って見て)、あとで土栄さんに聞いた方が楽しいかも。