2007-05-28

快晴の小化雲岳

今週末のツアーの下見で小化雲岳に登ってきました。もともと明日が下見の予定日だったのですが、あまりにも天気が良さそうなので急遽1日前倒し。

朝6時30分。長い1日の始まりは天人峡から。

滝見台までの間は、登山道に雪は残っていません。滝見台以降、雪が現れ、だいたい標高1000mを境にして雪の割合が5割を超す感じ。夏道を見つけるのに苦労する箇所もあります。特に、第一公園への登り口は要注意。

第一公園まで所要3時間。登り切ると旭岳方面の視界が開けます。針葉樹帯を抜けると今度は忠別岳方面が見事。

旭岳をバックに、急な登りを2回ほど。

雪づたいに大きく回り込んで、三角点の山頂へ。出発から5時間15分。下見で、片道で、5時間強かかる山はそうはありません。長かった!

とはいえその苦労も報われる景色。360度、遠くの山までくっきりと見えています。十勝連峰は間近。

谷を隔ててトムラウシ。暖かく、居心地の良い山頂で、ゆったり1時間眺望を楽しみました。

下りも4時間弱かかり、出発から到着まで10時間。19.3km。歩いた歩いた。

2 件のコメント:

あんちゃん さんのコメント...

凄い~~~~ですね。まだまだ雪の中ですが、最高の景色堪能ですね!!。
魅力満載で素晴らしいです。
いつの日か、見たいなぁ~~~。
お疲れ様でした!。

DOEI Takuma さんのコメント...

疲れも吹き飛ぶ最高の景色でした。
夏道はついていませんので、この時期しかいけませんが、いつか登りに来てくださいね。