2008-09-25

初冠雪の翌る日(積雪情報・旭岳)

旭川地方気象台から旭岳初冠雪の観測が発表された翌日。居ても立ってもいられず、山頂の様子を見てくることにしました。

観光客で賑わうロープウェイ姿見駅。テラスには五つの雪だるまが並んでいました。本州の方にとっては、「雪だるま=冬」という印象かもしれませんが、道産子にとってはそうでもありません。だって、真冬の雪ではサラサラすぎて形が作れませんものね。

姿見駅周辺の様子。木道は真っ白に雪で覆われています。

てくてく歩いて姿見の池。ここまで遊歩道はほとんど雪の下に隠れています。靴が埋まるほどの深さはありませんが、踏みしめても地面が見えない程度の雪が残っているのです。

姿見の池を過ぎ、登山道に足を踏み入れると、若干積雪が深くなるようです。足跡を残しながら登っていきます。右手を見下ろすと、かなり低い標高まで雪に覆われていることがわかります。

今日は悪天覚悟、吹雪の中の旭岳と思っていましたが、意外にも山頂が見えました。青空も覗いたりしてます。久しぶりに見る雪の旭岳はやっぱりいいものです。とはいえ、それも束の間。山頂に着く頃にはやはり一面のガスに囲まれてしまいました。

山頂部の積雪はこの程度。気温は-1.4℃。思ったより低くありませんでした。

山頂から裏旭方面への斜面も、当然一面の雪に覆われています。こちらは踝くらいの積雪があり、下るには絶妙なクッションとなります。一瞬雲が晴れ、白雲岳を見ることができました。

吹きっさらしの間宮岳。氷柱にできるエビのしっぽも豪快です。体感的には旭岳山頂より風が強いような。先を急ぎましょう。

この後の裾合平方面については、こちらをどうぞ。

2 件のコメント:

annchan さんのコメント...

紅葉情報が一気に積雪情報ですね。
テレビで見てビックリしましたよ~~。

「紅葉と雪」綺麗でしょうね~~~。いつ頃まで紅葉見れるんでしょうかね。
気持ちは行きたいのですが、何かかんか、ちょこちょこあってね行かれんよぉ~。

行きたいよぉ~~~~~。

DOEI Takuma さんのコメント...

だいたいいつもこの時季に雪は降るのですが、今年はいつもより低い標高まで降りました。
かなり強い寒気が入ったのでしょうね。

紅葉は、高山帯ではもう終わりますが、これから低いところに徐々に移っていきます。
10月になると平地に近いあたりになるかと。

思い切って来ちゃってください!